オススメ時計レビュー

セイコースピードタイマー【SBDL085】復刻の白パンダ文字盤レビュー

普段は時計の修理士として活動中。
修理士免許を生かして、腕時計のせどり節約でセルフ電池交換解説時計レビューの3本柱でブログを運営しています。

SEIKO/PROSPEX/SPEEDTIMERレビュー

こんにちは、しゃっくり100男(プロフィールはこちら)です。
今回はセイコープロスペックスのスピードタイマーをレビューしていきます。

数ある国産時計の中で『何を購入すれば良いのか』とお考えの方は少なくないのではないでしょうか?
ひとくくりに『国産時計』と言っても日本は時計産業が活発で、非常にたくさんのモデルがありますよね。

時計屋さんで販売員に

くしゃみ100man
くしゃみ100man
国産の時計だとどれが良いのですか?

などザックリとした質問をしてしまっている方もいると思いますが、これでは店員さんは困ってしまいます。

表示形式
  • アナログが良いのか
  • デジタルが良いのか
ベルトタイプ
  • 金属
  • ナイロン
  • 樹脂製
    (ウレタン・シリコン)
駆動方式
  • 電池式
  • ソーラー式
  • 機械式
    (手巻き・自動巻き)

パッ💡と思いつくだけでもこれだけあります。
欲しい時計なのですから、このくらいの大まかなイメージはあった方が時間も節約できますね。

あくび100lady
あくび100lady
いやいや、そんな質問するわけないじゃ~ん。

なんて声が聞こえて来そうですが…

しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
いざ時計屋さんへ足を運ぶと非常に沢山の時計が展示されていて迷います。
要するに決め手になるヒント💡が欲しいんですね。

セイコー製品で大ヒットの白パンダ文字盤

今回紹介するのは2021年11月に発売されて瞬く間に大ヒット!
フリマ転売されるなど長らく欠品が続いておりましたSEIKO/SPEEDTIMERをようやく入手しましたので、早速レビューしていきたいと思います。

主なEC販売サイトは👇

Amazon Yahoo!ショッピング
10%バック 割引販売
14%バック
≫販売一覧 ≫販売一覧

筆者は楽天市場で購入したのですが、初めて手に取った時の印象からお伝えしておくと

しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
あれ、意外と小さいな~。

このような感じでした。

スピードタイマーの歴史などは興味のない方もいらっしゃるかもしれませんし、他のサイトでも沢山紹介されておりますので今回は割愛させていただきます。

サクッと外装やスペックと共に詳細をお伝えしていきます。
読み終わるころには筆者のイチ意見ではありますが、購入時の参考になって頂けると嬉しいです。
≫セイコーセレクションのNEXTパンダクロノ記事はコチラ

はじめにYouTubeショート動画で動作や着用感を確認

クロノグラフ秒針の動作や、サイズ感がご確認いただけました。
クロノ秒針の進みが機械式時計のように動く感じがたまりませんね。

気になる着用画像の詳細

ケースサイズ39㎜とスポーツ系ウォッチにしてはやや小ぶり。
しかし、着用してみると白文字盤にクロノスモールセコンドやカウンターでそれほど小さく感じさせません。

筆者は手首の骨が太い方なのでこのような見た目ですが、手首が細い方には非常に丁度良いサイズ感だと感じます。

またガラスの内側へは無反射コートが施されており、時計を斜めから見ても反射が抑えられており視認性が高いことが分かります。※上写真参照

しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
サイズ感は万能なので、極端に細い手首でなければどなたでも違和感なく着用できます。
≫今すぐAmazonでチェック

ブレスレットの作りは優秀

ステンレススチールの無垢バンドで、一コマ外し以外にも中留め部分での微調整が可能。
三つ折れバックルは極厚の板が採用されていて、ちょっとやそっとでは変形しないほど頑丈です。

くしゃみ100man
くしゃみ100man
あ~分かります。
床に置いていたら踏んずけて壊れちゃったことあります…
しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
何故かタイミング悪く時計が地面にあるんですよね。

修理士をしている筆者は何度もこのような相談を受けてまいりました。

思ってもない故障って起こるものなので、転ばぬ先の杖!
中留めの板が頑丈なのはメリットしかありません。

今すぐチェック
\10%ポイントバックで実質割引/
Amazonでチェック

 

SEIKOオリジナル機能/ソーラー充電残量の表示

今回紹介しているSPEEDTIMERはSOLARタイプなのですが、どのくらい充電残量があるのか確認可能となっていました。

上写真の赤〇で囲んだ箇所をご覧ください。
リューズを引くことにより6時位置の小窓の針がFを指しています。
※『F』はFULLの意味で満タンです。

車の燃料タンクメーターと同じ表示方式で分かりやすいですよね。
※『E』はEMPTYでガス欠。

筆者がう~ん…。と思ったところ

近頃のスポーツウォッチでベゼルに色が付いている物の特徴として、”素材がセラミック”なのが挙げられます。

しかし残念ながら同モデルのベゼルはセラミックではありません。

同社もブライツやアストロン、グランドセイコーなどでセラミックを採用していることから、他ラインナップとの差別化だとは思いますがこのモデルにはセラミックを採用してもらいたかったのが本音です。

ステンレスへのメッキ処理の場合、長年使用していたりぶつけてしまった時などに塗装が剥げてしまうから。
※セラミック素材は色が剥げることはありません。

しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
単純にセラミックベゼルがトレンドなのも理由の一つですが…

主なスペック

品番:SBDL085

  • ケースサイズ・厚み:39㎜・13.3㎜
  • 防水性能:10気圧(100ⅿ)
  • 平均月差:±15秒
  • 駆動時間:フル充電で約6ヶ月
  • ガラス素材:サファイアガラス
    ※内面無反射コーティング
  • 針・インデックス(目盛り):ルミブライト

詳細はセイコーHPを参照してください。

スピードタイマーが安く買えるのはECサイト

これから購入を検討される方は下記を参考にしてください。

  • 時計専門店購入:定価販売で1年保証/ポイント付与などはほとんどなし(あってもTポイント程度)
  • 量販店:20%程度割引+ポイントバック※そのお店のみで使用

基本的に同機種の白文字盤はほとんど割引で販売していませんので、ポイントバックがメインとなります。

口コミや評判

ややサイズが小さめであることが、どのレビューにもコメントされております。

中には「時計が重い」とのレビューがありますが、重い=ステンレス無垢という利点があります。コマの内部が空洞にはなっておらず、剛性が出せるのです。
結論は壊れづらい。こうなると重いのは当たり前ですよね。

しっかりとした作りが伝わり、「高級機に負けていない、さすがMade In Japan」など☆5のレビューが並んでいます。

またで囲んだコメントには筆者も同意です。
スピードタイマーの発売から半年後に、セイコーセレクション【SBPY165】が発売されました。このモデルはスピードタイマーよりもやや大振りで、充電量のインジケータ-が無いぶん安価となります。
≫SBPY165レビュー記事はコチラ

Amazon&Yahoo!がおすすめ

冒頭でもECサイト2社を比較した表をお見せしていましたが、確認の意味も込めてここでもご紹介いたします。

Amazon Yahoo!ショッピング
10%バック 割引販売
14%バック
≫販売一覧 ≫販売一覧

ユーザーが多いAmazon、ペイペイが使えるヤフーの2社はほぼ互角の価格設定で、購入しやすいのが特徴です。

セイコースピードタイマーレビューまとめ

フォーカス面は以下の通り

  • 39㎜とやや小ぶりケースだが多くの人の腕に合うサイズ
  • ブレスレットはステンレス無垢素材で変形に強く長く使える
  • 充電残量確認が容易
  • 筆者としてはベゼルがセラミックなら良かった

人気なだけあり、随所に国産ならではの気の利いた技術が取り入れられておりました。

しかし筆者としましては以前にレビューいたしました、『ロゴ復活のシチズンアテッサ(過去記事参照)』の方が好みだったのが正直なところです。

海外品とはまた違う良さがあり、デイリーユースに向いているアイテムかと思います。

Webでお得に購入できるのも筆者の背中を押すキッカケとなりました。
気になる方はまた欠品にならないうちに下記リンクから購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ではまた✋

Amazon Yahoo!ショッピング
10%バック 割引販売
14%バック
≫販売一覧 ≫販売一覧

同価格帯のおすすめ国産品記事は👇

≫セイコーセレクションのNEXTパンダクロノ記事
≫セイコープレサージュレビュー記事
≫シチズン【ATTESA】トリカレムーンレビュー記事

 

腕時計副業コンサルタント - にほんブログ村