海外品others

ルイヴィトン【タンブール】を自分で安く電池交換する方法

この記事では”自分で電池交換作業”をして”工賃なる手数料を節約すること”を目的としています。
実践すれば電池代だけのワンコインで基本的に全ての時計を電池交換可能となります。

腕時計はセルフ電池交換が一番安い

あくび100lady
あくび100lady
いつの間にか時計止まってるわ~。
時計屋さん行くの面倒だし、お金もったいないし…。

なんて思っていませんか?

お店に電池交換を依頼すると手数料が掛かり高い料金設定になっていますよね。

料金形態は様々だと思いますが、ルイヴィトンはLuxuryBrandのカテゴリ。
時計自体の価格は非常に高額です。

ハイブランドの場合一般的な時計店に依頼したすると4,400~5,500円程度かかります。
店舗受付⇨メーカー出しで2~3週間ほど納期のかかるお店も多数存在します。

ルイヴィトンの電池交換費用の相場

画像引用:ドクターウォッチ

上記に加え消費税と送料が加算されますので、確実に5,000円は超えることになるでしょう。

【業者VSセルフ】料金比較

比較表 店舗依頼 セルフ
初回
セルフ
2回目以降
費用 5,000円~ 1,000円以下 1コイン
納期 2~3週間 5分以内 5分以内

どんなに高く見積もっても、セルフ作業をすると電池代含め1,000円以内で完了できます。
※初回のみ工具が必要となります。
≫必要工具はこれだけ

LVの正規料金は?

ルイヴィトン公式HPには記載が無かったので、Yahoo知恵袋で調べたところこんな感じでした👇

引用:Yahoo知恵袋

ちなみにこの質問に対するベストアンサーに選ばれたのはコチラ👇

他の方の回答も見たい場合はこの文章を直接クリック
しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
大体みなさん同じような回答でしたね。

毎度のことながら高く感じませんか?
時計が正常な状態の場合、大体2年周期でこの料金が掛かります。

あくび100lady
あくび100lady
ヴィトン持ってるけどこのモデルじゃないよ~。

という方でも安心してください。
基本的に電池の型番が違うだけで全部方法は同じです。

実は電池交換作業は『テクニック不要で激安』に自分で出来るもの。
それがしゃっくり100男の電池交換解説

料金のほとんどを占めている作業工賃を自分で電池交換することで、電池代だけで済ませることが出来るのです。
コスト面など詳細は下記参照👇

【腕時計副業コンサルタント】サイトの紹介腕時計の電池交換をお店に出す際の『作業工賃』の実態や、自分で作業をした方が良い理由などを紹介。実際にご自身で電池交換をするようになった方のご意見をTwitterで多数いただいております。...

分かりやすく図解入りで解説していて、時計に入っている電池の型番の確認や購入先、必要な工具までを網羅しています。
※工具が必要な場合でも購入金額は激安ですから安心してください。

結論Amazon(最安)や楽天などで安い電池や工具を自宅に居ながらにして取り寄せるのをオススメしていますが、お急ぎの場合は電気屋さんで販売されている電池を購入してもOKです。

節約した時間やお金は、美味しいご飯を食べたり遊びに行ったり、貯金・投資に回しても良いですよね。
見終わるころには『なんだ簡単じゃ~ん。』ときっと思えるハズです。
是非最後までご覧くださいね。

作業編/裏蓋の開け方から閉めるまで

裏蓋はネジ留め式なので精密ドライバーを使用して6点開けていきます。

ネジを回すだけなので詳しい説明は不要と思いますが、もっと方法を詳しく知りたい方は👇をチェックしてみて下さい。
≫タイプ別裏蓋開閉方法

開けた状態👇

機械の上に黒いプラスチックが乗っていますので、時計をひっくり返すと外れます。

これで電池を外す準備が整いました。

電池の外し方

機械に埋められているように見えるオレンジの部品(コイル)は触らないようにしましょう。
切れてしまうと時計が動かない原因となります。

手順

  1. 電池側面赤〇部分へピンセット等先細工具を当てる
  2. 工具を斜め上方向へ動かす
  3. 電池が浮き上がったら掘り起こすように上方へ上げる

これだけで電池は簡単に外れます。

あくび100lady
あくび100lady
あれ、こんな簡単なんですか?
まだ3分も経っていないと思うけど。
しゃっくり100Man
しゃっくり100Man
そうでしょう。
もうあとは電池を入れるだけなのですぐ終わりますよ。

次は電池を入れてみましょう。

新しい電池を入れる

外した電池の型番は【SR920SW(370)でした。
電池には【370】と表記がありますが、日本の型番ではSR920SWとなっております。

海外製のもっと安い電池(RENATA製など)についつい手を出したくなりますが、液漏れのリスクがありますのでなるべく国産品を選ぶようにしましょう。

全く難しいことはなく、”上から電池を落として下へ押し込むだけ”となります。
軽く押し込むだけでセット可能ですので、力は不要です。

電池を外した作業の逆をすれば良いだけですのでそれほど説明は不要ですよね。
針が動いていることを確認して電池交換作業は終了。
※動かない場合はリューズが押し込まれているのか確認。
押し込まれていて動かない場合は残念ながら故障です。

オーバーホールは最短納期で格安の下記がオススメ。
オーバーホールなら【リペスタ】

裏蓋の閉め方

まずは蓋を閉める前に機械の上に黒いプラスチックを乗せます。
この後に裏蓋を乗せネジを締めていきましょう。

ネジを締める順番は対角線の順で締めると効果的。

自分で電池交換するデメリット

防水力の高い時計でも実際に海や水につけて使うユーザーは非常に少ないと思います。
万が一浸水してしまうと内部機械修理以外にも、場合によってはケース交換が伴いますので非常に高額料金に…。

きちんとパッキンをあった場所へセッティングすれば防げるのですが、どうしても自分で作業するのが心配ならば下記の記事を読んでから進めてくださいませ。
≫腕時計を自分で電池交換する【デメリット】とその対策

タンブールの時計を自分で激安に電池交換まとめ

比較表 店舗依頼 セルフ
初回
セルフ
2回目以降
費用 5,000円~ 1,000円以下 1コイン
納期 2~3週間 5分以内 5分以内

テクニック不要でどなたでも再現可能な作業手順を公開してきました。
作業手順の所だけチラっと見返すと直ぐに実践できると思います。

フォーカス面は以下の通り

  • セルフ料金は1コイン以内
  • 節約金額は約4,500~13,500円
  • 自分では防水試験が出来ない

以上を踏まえて『自身で電池交換しても良いなあ』と思った方は、どんどん”作業工賃”なる手数料を節約して美味しいものを食べたり、遊びに行ったり、投資・貯蓄に回したりと金銭面での自由度は飛躍的に上がることでしょう。

他の時計のムーヴメント編や他クロノグラフの電池交換編、セルフメンテナンス方法を配信中ですので是非ご覧ください。
最後まで読んで下さりありがとうございました。
ではまた。

ブランド品・不用品の出張買取グッドディール【GoodDeal】

腕時計副業コンサルタント - にほんブログ村